85年以上の歴史を持つ会社です。

1932年に横浜の万国信号所と神戸船舶通知社が合併して、(株)東洋信号通信社が誕生しました。
お客様のお求めになる船舶の動静に関する情報を、正確にお伝えするという当社の使命は今も変わらず続いています。
また、以下にご紹介する通り、あらたなチャレンジを様々な方面に対して行っています。

船舶の動静情報を提供する会社です。

貿易量の99%以上が海上輸送である日本にとって、
船舶の動静情報は港で働く方々をはじめ、
物流、各種公的機関等にとって非常に重要なものです。
私達には、お客様のニーズに合わせてこれを
提供することが可能な設備やノウハウ、仕組みがあります。

情報サービス・ソリューション事業

船舶の運航支援サービスを行う会社です。

私達は全国の港湾管理者(地方自治体)様よりポートラジオの運営をお任せいただいています。
ポートラジオとは、船舶の安全な航行と港湾の効率的な利用を
目的として世界中の港に設置されている無線局のうち、国内に存在するもののことです。
1964年に東京湾に初めて設置されたポートラジオは、
その後全国に広がり、今ではその多くの運営を当社がお任せいただいています。
また、ポートラジオのみならず、入出港の申請受付業務やバース指定業務等の港湾施設管理業務、
タグボートの配船業務等、港を運営するうえで欠かせない様々な業務にも携わっています。

港湾管理関連事業(ポートラジオ 等)

多彩な事業で社会に貢献しています。

世界各国で採用されている舶用温度計の老舗メーカーであるドイツのSIKA社や、舶用品をはじめ、
石油化学工場や発電所等で採用実績のある工業用バルブを取り扱う、同じくドイツのAS-Schneider社と手を結び、
国内の総代理店として各方面から信頼をお寄せいただいています。
今では舶用品に限らず、工業用温度計、流量計、フロースイッチ、レベルスイッチ、温度校正器、
圧力校正器、計装用バルブ、他メーカーの風速計を始めとした各種環境計測機器も取り扱っており、
メーカーと一体となった迅速かつ柔軟な対応に自信があります。

また、船舶の情報を「船舶日報」という紙面で発行するために始めた印刷事業もあります。
こちらは当社の黎明期より長きに渡って取り組んでいる事業で、自社印刷工場も備えています。
船舶や港湾から離れた分野の印刷物も広く取り扱っており、印刷物以外にも、
税関をはじめとした諸官庁申請書式、関税関係書籍などを販売しています。

このほか、社会貢献事業として介護関連事業にも進出しており、
微力ながら地域に根差したサービスを通じて我々自身も成長したいと考えています。

計測機器販売事業 印刷事業